英会話学習を完全網羅した【英会話の極意】

英会話学習Q&A

  • 読み書きはできるのですが、どうしても聞き取り(リスニング)ができません。何かコツみたいなものはありますか?

なぜ聞き取りが苦手なのか

英語の読み書きはできるけれど、実際に英語を音だけで聞くと、なんだかあっという間に音だけが過ぎ去ってしまって、何のとっかかりもなく、わけが分からないまま、終わってしまう。

こういった方、日本人にはけっこう、多いです。

この場合、どうしても聞き取り(リスニング)の場面にのみ目を奪われがちで、「リスニングのスキルを鍛えなければ」、と思う方が多いのですが、実はそれ以前の基礎的な部分が不足していて、その不足のために、リスニング力に影響が出ている場合も多いのです。

まずはここをチェックしよう

まずは最初のチェック点です。

英語の読み書きはできるということですが、たとえば英語で書かれた文章を読むときに、あなたはその文章を、きちんと頭の中で発音しながら読めていますか?(もちろん、英語の発音です)。

実は、リスニングができないとおっしゃる方の中には、英語の文章を読むときに、ただ字面だけを追って、アルファベットとしてのみ認識して、その状態のまま、頭の中で日本語に変換していらっしゃる方が、意外と多いのです。

このやり方ですと、英語の文章が英語の発音とリンクしていないということですから、その状態でリスニングに挑んでみても、はなから結果は分かっています。

リスニングというのは、英語を音として聞くということですから、英単語の文字と英語の発音とが頭の中で結びついていなければ、どうにもなりません。

では、英単語の文字と音とが結びついていない場合、どのように改善していけばいいのでしょうか。

こんな順番で改善しよう

もし、あなたがこの段階をクリアできていないとしたら、最初にやるべきことは、英語の発音をきちんと理解し、それぞれの発音の音を頭の中で正確にイメージできるようにすることです。

具体的には、英語の発音に関する本を読んで知識を身につけたり、といったことが挙げられます。
そういった本や教材には音声教材が付いていることも多いですから、そちらもきちんと活用して、英単語の字面と実際の発音とが頭の中で上手く結びつくように努力してみてください。

そうすれば、じきに、英語の文章を読むときに、ただ字面を追うのではなく、英語の発音込みで読めるようになるはずです。

この段階まで来れば、リスニング力の向上にとりかかる準備ができたといってよいでしょう。

あとは実際に英語の音声教材を使って、リスニングの経験を積んでいくことです。
この際、気をつけなくてはいけないのは、自分のリスニング力に見合った教材を選ばなければ効果は薄い、ということです。

いくら基礎ができたとは言っても、取り組む教材のレベルが高過ぎれば、基礎力だけでは太刀打ちができません。

自分のレベルに見合った易しい教材から入って、徐々にレベルを高く
していきましょう。

教材のレベルに関していえば、教材自体にレベルの表示がしてある場合が多いです。レベルをTOEICの点数で示している場合も多いですから、そういったことを参考にして、そのときの実力にあった教材を選ぶようにしましょう。

以下は教材のレベルを上げていってもいいですし、あるいは英会話教室などに通ってみて、生きた英語を聞く経験を積んでみるのも効果的です。

このあたりは、何を目的としてリスニングの向上を図っているのかによって変わってきます。
リスニングの試験だけを想定するのであれば、そのレベルに合わせた教材まででいいですし、わざわざ英会話教室に通う必要もありません。

逆に、実際の会話の中でのリスニング力を向上させたいというのであれば、生きた英語に触れる機会を増やした方が、プラスになるでしょう。
ご自分のニーズに合わせてご選択ください。

基礎力アップで解決するケースも

なお、リスニングが難しい場合には、英語の文章自体の理解力が低い場合や、そもそも知っている言葉が出てきていないから分からない場合などもあります。

これは、内容を理解するだけの基礎力が身についていないということです。

ですから、英語自体の理解力や、自らのボキャブラリーを向上させることが、まず最初になすべきことになります。

英会話の極意 教材 VS スクール VS オンライン徹底比較検証

人気コンテンツ
高額査定の秘伝
ジャンル別
関連サービス考察
関連サービス考察
関連サービス考察
関連サービス考察
 

楽しく英会話をモットーに
美人講師オンライン英会話 Cute10